沖縄医療生協現況

  • 組合員数

    97,733人

  • 出資金

    19億887万1千円

認定看護師が伝える 健康に関するまめ知識認定看護師が伝える 健康に関するまめ知識

マスクによる肌荒れ

中部協同病院 皮膚・排泄ケア認定看護師 花城洋子

マスクによる肌荒れ コロナの影響で、マスク生活を余儀なくされています。
肌荒れが起きたとしても中々マスクを外すことはできない状況です。
そこで、肌荒れが起こる原因と対策についてお話させていただきます。

『肌荒れの原因』
※蒸れ
※素材
※摩擦
※乾燥

『肌荒れを防ぐ方法』
※刺激の少ないマスクを選ぶ
不織布よりガーゼ素材の方が肌に優しいですが、感染拡大を防ぐ効果は不織布マスクの方が期待できます。
その時の肌の状態で使い分けると良いです。
不織布マスクの中に同じ大きさの綿のガーゼを一枚挟むと刺激が和らぎます。

※肌に合ったサイズを選ぶ
サイズが合わないマスクは、摩擦が起こりやすいです。
マスクが小さいと摩擦を起こしやすくなります。

※汗をかいたらこまめに拭き取る汗を吸い取る場合は、こすらず軽く押さえます。

※スキンケアは敏感肌対応のものを選ぶ
洗顔料は、しっかり泡立てて優しく洗います。

※まめに保湿して皮膚のバリア機能を高める。